気配と囁き ―秘密の薔薇―

個人的な関心事についての日録風覚書。隠されたもの、語り得ぬもの、覆われたもの、向こう側、境界線上のもの、この世ならぬもの、過剰なもの、偏奇なもの、只事でないこと、などについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

こんな話 風狂の人

就眠儀式のように、就寝前のひととき、ずっと色々の幽霊譚や奇譚の類を読み散らかしていたが、その中の古本で買った怪談を集めた書籍に収載されていた、ある掌編が心に留まった。

-----------------------------
とある晩秋の昼下がり、名古屋の城下町にぼろ同然の墨衣を纏った僧形の男が、念仏のような文句を唄いながら踊っていた。

「まずたのむ、まずたのむ、しいのきもあり、なつこだち、おとは、あられか、ひのきがさ」

男の名は惟然。芭蕉なきあと、空しい心を抱きつつ諸国を彷徨いながら、念ずるは風羅念仏。
芭蕉の句を織り込みながら、最後に南無阿弥陀仏と締めくくる。

関町に生まれた惟然は、名古屋に養子に行ったのだが、ある日、庭前の梅の花が小鳥の羽ばたきした風に散ったのを見て、世を厭う心が起り、妻子を捨てて芭蕉の許へ走ったのだった。

と、その風羅念仏を唄い踊る惟然の袂に取り縋るものがあった。
泣きながら取り縋る若い豪家の内儀らしい女性は、惟然が卒然と出奔したあと、父親を探していた惟然の娘であった。

ともに涙を浮かべながら、とりすがる娘とそれを打ち払おうとする惟然。

「両袖に」
娘は眼を見はった。
「ただなんとなく」
娘は首をかしげた。
「時雨かな」

と同時に、袂にかけた娘の手を振り払い、惟然は驚く娘を残したまま馬のように走って逃げ去った。

時を隔てて、京の本屋の許へ娘が名古屋から訪ねてくる。
噂に、父が京にいると耳にして、遠路名古屋から訪ねてきたのだった。

本屋の主人が話を聞いて、とりあえず主人が惟然の居宅に行ってみて、在宅を確かめてから案内するという手筈になった。

訪ねていった本屋の主人に、娘にはどうしても会わない、と言いながら惟然が紙片を渡す。

そこには
「重たさの雪払えども払えども」とあった。

「それではお可哀そうではありませんか」
という本屋の主人の前から、身を躍らして庭に飛び降りるなり、惟然は裸足のまま遁走していった。

その後、いつしか娘は出家し惟然と同居していた。
米がなくなったと惟然に訴える娘。
庭の椎の葉を拾って筆を執る惟然。

門人の処へやる書面を書いている。
読書断片 | コメント:0 |
<<都々逸みたいなもの | HOME | 宵宮の夜に>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。