気配と囁き ―秘密の薔薇―

個人的な関心事についての日録風覚書。隠されたもの、語り得ぬもの、覆われたもの、向こう側、境界線上のもの、この世ならぬもの、過剰なもの、偏奇なもの、只事でないこと、などについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

伏見・中書島界隈散策 その2

(つづき)
飲食店がずらっと並ぶ道筋を越えたあたりを横へ曲がり、酒造会社の古くからの建物が並ぶ家並みの中を歩く。

少し歩いて、ある角を回り込むと、、、その建物に唐突に出くわす。

あまりに巨魁な、重圧感さえ覚える魁偉な様相に圧倒されて立ち尽くす。

こんな様式は、見たことがない。

大きな木造建築物なのだが、どう言えばいいのか、、、
単に広いとか大きいとかではなく、普通の家屋を拡大して巨大化した感じ、といえばいいか、、、

巨人が住む家と言えば話しが早いか、、、

月桂冠旧本社03

月桂冠旧本社01

月桂冠旧本社04

2階立てなのだが、ちゃちなビルの4階分くらいの高さがある。
近くで実際に見ると、のけぞりそうな、のしかかられるような迫力を感じる。

大正8年に建てられ、平成5年まで月桂冠の本社として使われていたという。

現在は喫茶と土産物売り場になっている。

伏見へ出掛ける時は、是非訪れたい建物。

夜の夢に出てきたら魘されそうな、圧倒的な迫力に打ちのめされることだろう。
これを見るためにだけでも伏見に来る値打ちはある。
スポンサーサイト
雑記・覚書 | コメント:0 |

伏見・中書島界隈散策 その1

過日(11月3日)、思い立って中書島界隈をぶらぶらしてみた。

以前駆け足で通り抜けるようにして歩いたことはあったが、よくは見ていなかったので、、、

駅前から北へ伸びる道があるが、そこはどうやら旧・遊郭があった、かつてのメインストリートのようである。

かれこれ3,400メートルくらいに渡って、ずらっと飲食店が軒を連ねている。
その夥しい数に圧倒される。

途中にレトロな概観の銭湯もある。
こういうモルタルで形成した洋風まがいの様式は、旧遊郭あたりでよく見かける建物の様式である。

中書島 メインストリート

中書島 飲み屋街01

中書島銭湯

どこか懐かしい。
(つづく)
未分類 | コメント:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。