気配と囁き ―秘密の薔薇―

個人的な関心事についての日録風覚書。隠されたもの、語り得ぬもの、覆われたもの、向こう側、境界線上のもの、この世ならぬもの、過剰なもの、偏奇なもの、只事でないこと、などについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

“だいたいお母さんてものはさ、、、”

今朝、新聞を読んでいたら、いきなりはっと胸を突かれる文章の断片が目に飛び込んできた。

1面下のコラムである。そこには、、、

//////////////////////////////////////
<だいたいお母さんてものはさ
しいん
としたとこがなくちゃいけないんだ>

名台詞を聴くものかな!

ふりかえると
お下げとお河童と
二つのランドセルがゆれてゆく
落葉の道
//////////////////////////////////////

茨木のり子の詩『みずうみ』からの引用だった。
原詩はこのあとも詩句が続いているが、これだけでも十分胸を打たれる。

こどもというのは、大人がそう思いたいほどには幼くも無邪気でもなくて、時として邪悪でさえあるが、またこのように、透徹した賢者のような見識を披瀝する。
スポンサーサイト
雑記・覚書 | コメント:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。