気配と囁き ―秘密の薔薇―

個人的な関心事についての日録風覚書。隠されたもの、語り得ぬもの、覆われたもの、向こう側、境界線上のもの、この世ならぬもの、過剰なもの、偏奇なもの、只事でないこと、などについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

皆川博子の新刊

(2007年12月19日)
------------------------------------------

昨日、だらだらとネットを散策していたら、皆川博子関連サイトの書き込みで、新刊が上梓されているということを知った。

『倒立する塔の殺人』(理論社)
惹句によれば、
「戦時下のミッションスクールで少女たちに何が起こったのか? 少女が図書館で見つけた一冊のノート。表紙をめくると美しい蔓薔薇文字の「倒立する塔の殺人」というタイトルだけがあった。ここに小説を回し書きしていこうと決めた少女は…。閉鎖的、禁欲的な生活での少女たちの想いは微妙にねじれていく。濃密で緊張感ある学園ミステリー。」

これは面白そうではないか^^

皆川博子は、「幻想・残酷趣味・狂気・耽美」を描かせば、当代比肩するものとて見当たらない作家だと思う。
読むほどに物語というものの醍醐味が濃縮された世界に溺れ、作者が書くのが楽しくて堪らないと感じているのが実感となって伝わってくるのだ。

昔、「巫女の住む家」という半自伝的な小説を最初に読んで、その悪意に満ちた、冷え冷えとして荒涼たる世界に辟易して敬遠していたのが、「死の泉」を読んで以来とりこになってしまった。

「聖女の島」という初期の傑作中篇小説があるのだが、ちょっと他に類似のものが思い当たらないくらいに、単なるミステリーの範疇からはみ出るような作品である。
ミステリーというより恐怖小説と言ってもいいのではないか。

出口なき狂気の世界に嵌り込んでしまい、抜け出すことができなくなるのだ。
心身まるごと引き攫われていく感覚というのは、男性作家にはちょっと見当たらない感覚である。

総じて、彼女の作品には、家庭的な特殊な事情があって、他人を信じられなくなった孤独癖のある少女が、物語を紡ぐという1人遊びに夢中になって、そのまま大人になってしまった、そんな雰囲気が色濃く出ている。

残酷な奇想趣味では余人の追随を許さない。

短篇「悦楽園」の冒頭は、「私は、檻のなかでめざめた」という書き出しで始まる。
「風」では、「庭は、寝がえりをうって、背をむけた」と始まる。

一般書としては、どうかと思われるような実験的な作風も多く、量産多作のステロタイプな作家ではないのに、その多様性と量の多さには圧倒される。

「聖女の島」は最近復刊されたようだ。
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31961344

未読の方は、この機会に是非。
スポンサーサイト
読書断片 | コメント:0 |

ユングについての<私的>覚え書き

(2007年12月01日)
------------------------------------

『ヨブへの答え』(1952)
この書物の冒頭で、ユングは大変慎重、かつ大胆な前置きを書いている。

この書は、ある特定の宗教的事例や信仰についての考察であるが、対象それ自体が<ヌミノース>な元型に基づくものであるがゆえに、書き手にとっても読み手にとっても、深い情動を喚起せずにはおかない性質を持っているので、「私の知性だけでなく感情をも試されることになろう。それゆえ私は冷たい客観的な見方をすることはできず、むしろ私の主観的な情動を言葉にしなければならない」と。

宗教的体験や出来事は「物理科学的」な検証の対象にはなり得ない。それは客観的事実としてではなく、人の心にとって現実(出来事)であるがゆえに意味を持っているのだ。

聖霊、三位一体、マリア信仰など、カトリック教義における重要な要素。
(中沢がカトリシズムについて語っている内容の原典)

神概念=究極概念とは対立的なものの根源的合一であり、全体性を表象する元型としての<自己=Self>と同等の、あるいは同一概念である、ということ。

「神と無意識とはどちらも超越的な内容を表すための極限概念である」(同書より)

「厳密に言うならば、神像は無意識そのものと一致しているのではなく、無意識の特殊な内容と・すなわち自己の元型と・一致しているのである」(同上)

「しかし信仰は神が近くにいるということ、いや直接に体験できるということをも教えるのである。この近いということに何か意味があるとすれば、その近さは必ず経験されるはずである。(中略)宗教的な欲求は全体性を求め、それゆえ無意識の提供する全体性のイメージを掴み取る。このイメージは意識とは独立にこころ(ゼーレ)の深みから浮かび上がってくるものである」(同上)

相反する要素は、イメージやシンボルとしてのみ対象とすることができる。

ユングにおける<グノーシス>

「ヨブへの答え」では、ソフィア(知恵)という女神がヤーヴェに働きかける。神は人間にならなければならない。

1950年「マリア被昇天」教義の公布により、神にも等しい存在として三位一体に伍せられた「マリア」は「仲保者」として第4の位置に立っている。
ここにも「四」の象徴が出現している。

「<マリア被昇天>が教義化されたことによってプレローマにおける聖婚が暗示され、それはまたすでに述べたように未来における神の子の誕生を意味しており、その神の子は受肉を求める神の傾向に応じて現実の人間を誕生の場として選ぶであろう」(同書より)

そして、それはこの現代という時代の、集合的無意識からの要請でもあった。
---------------------------------------------

決して意識化され得ない無意識の淵は、覗き込むと本当は恐ろしい、、、
決して忘れてはならない。
(この項、未完)
読書断片 | コメント:0 |

今朝の夢 ―黙示録への扉、、、

(2007年12月01日)
---------------------------------------

今日は、起きがけに立て続けに3本ほどの夢を見ていて、そのあと目を覚ました。

今回も、家内が夢に出てきていた。

どこかの町で食事をするらしい。
一緒にあちこち探し歩く。
何かそんな夢、、、

目覚めた時は、断片的ながら、割合内容を覚えていたのだが、今ではほとんど記憶に残っていない。

連日、夢を見ているのは、どうやら読み続けていた書物が刺激になっているようだった。

昨夜、ようやく読み終えたのだが、、、

ユング『ヨブへの答え』

とても読み辛かったのだが、3分の1を過ぎる頃から引き込まれ始め、後半から終盤にかけては大変刺激的で深い内容に没頭させられた。

ユダヤ教の聖典旧約聖書の「ヨブ記」、ユダヤの神話、ギリシャ神話、エノク書、エゼキエル書、、、そして新約の「ヨハネ黙示録」へ、、、

これは単に心理分析の書物ではなく、また信仰の書でもない。

ヨブからキリスト出現への必然、究極概念としての<神>、神話素としての神そして対立物の統合としての<自己>、集合的無意識からの要請としての<マリア被昇天>、、、

神概念の二重性=相反する性質=善と悪

ここで展開されているのは、一神教の宗教やキリスト信仰からみられた、人間の歴史過程の分析であり、ユングによる、現代に蘇生する生きた<グノーシス>だと思われる。
読書断片 | コメント:0 |

夢の切れ端

(2007年11月24日)
---------------------------------

一昨夜の夢というのは、こうだった。
といっても、その最後の部分しか覚えていないのだが、、、

家内とどこかの町の私鉄駅で降りる。
家内が友人の家を訪ねるというので、なぜかついてきたのだ。

駅前から少し離れた大通りから住宅街へと入っていく。
比較的古い町のようで、住宅街というよりは、路地などもある下町的な雰囲気がある。

なぜか最短距離の道筋を通らず、少し離れた道筋を辿っていくのは、私に魂胆があって、途中の横道に、ある女性テレビタレントが時々立っていることがあるので、一緒に写真に撮ってもらいたいからなのだ。

なぜか、そのタレントというのは、喋ると「オジンキャラ」が出る島○和歌子???

その内、家内の友人宅が見えてくるのだったが、何軒か手前の家の中で待っていることになる。
戦前からあると思われるその家は、何かしら懐かしい感じがしている。

家の中には、自宅で飼っている老猫が、普通に寝ている。

しばらくすると、その猫が裏の障子だか雨戸だかの隙間から外へ出て行こうとする。

逃げられてしまうと、家内が戻った時、一緒に帰れなくなるので、慌てて捕まえる。
両手で掴むと、老齢で今では痩せ細っていたはずの胴体が、若くて元気だった頃のように、ぼってりと持ち重りのする肉がついていて太っているのが不思議だ。
| コメント:0 |

ふと気付く、と、、、

(2007年11月11日)
---------------------------------------

このところ、記憶に留まる夢は見ないが、夢そのものは連夜見ているのだった。

このところ見なくなったのは、反復する悪夢。

つい1年前か半年前までは時々見ていた定型夢に、引出しの奥に得意先から預かっていた分厚い原稿の束を見つけるのだが、それがもう何ヶ月も放置してすっかり忘れていた、というもの。
顔を合わせた時、どう言い抜けをしたらよいのか見当もつかず、青くなる、、、

そういった生活の基盤というより社会的な居場所を失うほどの、由々しき事態に立ち至る、という類の夢を見なくなった。

どういう訳か、時々見るのは、京都市内の北東の場所から現在住んでいる西南西方面へ帰ろうとするのだが、夜遅くだったり、交通事情が複雑で帰り方が分からない、というような夢を、この2年くらいよく見ている。
自転車で北大路方面を大回りして帰ろうとしたり、あるいは京都駅まで一旦出てややこしい経路を辿ろうとしたり、、、
果ては、山科方面から電車に乗るのだが、どういう訳か大阪経由で大きなターミナルに入り、地下通路を経巡って錯綜する路線の中から目的の路線を探し回っているような夢、、、、

どうも、この世界がいまだ迷路のように感じられていることの証左なのかも知れない。
| コメント:0 |

ユングについての<私的>覚え書き

『ヨブへの答え』(1952)
この書物の冒頭で、ユングは大変慎重、かつ大胆な前置きを書いている。

この書は、ある特定の宗教的事例や信仰についての考察であるが、対象それ自体が<ヌミノース>な元型に基づくものであるがゆえに、書き手にとっても読み手にとっても、深い情動を喚起せずにはおかない性質を持っているので、「私の知性だけでなく感情をも試されることになろう。それゆえ私は冷たい客観的な見方をすることはできず、むしろ私の主観的な情動を言葉にしなければならない」と。

宗教的体験や出来事は「物理科学的」な検証の対象にはなり得ない。それは客観的事実としてではなく、人の心にとって現実(出来事)であるがゆえに意味を持っているのだ。

聖霊、三位一体、マリア信仰など、カトリック教義における重要な要素。
(中沢がカトリシズムについて語っている内容の原典)

神概念=究極概念とは対立的なものの根源的合一であり、全体性を表象する元型としての<自己=Self>と同等の、あるいは同一概念である、ということ。

「神と無意識とはどちらも超越的な内容を表すための極限概念である」(同書より)

「厳密に言うならば、神像は無意識そのものと一致しているのではなく、無意識の特殊な内容と・すなわち自己の元型と・一致しているのである」(同上)

「しかし信仰は神が近くにいるということ、いや直接に体験できるということをも教えるのである。この近いということに何か意味があるとすれば、その近さは必ず経験されるはずである。(中略)宗教的な欲求は全体性を求め、それゆえ無意識の提供する全体性のイメージを掴み取る。このイメージは意識とは独立にこころ(ゼーレ)の深みから浮かび上がってくるものである」(同上)

相反する要素は、イメージやシンボルとしてのみ対象とすることができる。

ユングにおける<グノーシス>

「ヨブへの答え」では、ソフィア(知恵)という女神がヤーヴェに働きかける。神は人間にならなければならない。

1950年「マリア被昇天」教義の公布により、神にも等しい存在として三位一体に伍せられた「マリア」は「仲保者」として第4の位置に立っている。
ここにも「四」の象徴が出現している。

「<マリア被昇天>が教義化されたことによってプレローマにおける聖婚が暗示され、それはまたすでに述べたように未来における神の子の誕生を意味しており、その神の子は受肉を求める神の傾向に応じて現実の人間を誕生の場として選ぶであろう」(同書より)

そして、それはこの現代という時代の、集合的無意識からの要請でもあった。
---------------------------------------------

決して意識化され得ない無意識の淵は、覗き込むと本当は恐ろしい、、、
決して忘れてはならない。
 (この項、未完)
読書断片 | コメント:0 |

夢の話 ―本当に見たのだろうか、、、

いつまでも記憶に留まってはいるものの、果たして自分が夢で見たものか、何かの挿絵で見たものか、あるいはまた、秘宝探索ものの映画の1場面なのか分からない映像が1つ。

両側は切り立った崖。ほとんど垂直になった法面に辛うじて歩ける幅の道が続く。隊列は私を含めて4,5人だろうか、、、
下には、幅はそれほど広くないが、水量の多い激しい急流、、、???
というか、粘性の低い灼熱した溶岩が恐ろしい速さで流れ下っている。

両側が切り立っているせいか、空も見えない暗さの狭い峡谷の狭間を、赤や黄色の光を放ち、所々高温のあまり妖しく白色に輝く溶岩が、、胸の悪くなるようなうねりを見せながら素晴らしい速さで流れている。

すると、これまで川下に向かって左側の壁面?の道を歩いていたのが、途中に掛かっている細い釣り橋を渡って右側の壁面に移動するのだという、、、

下を流れる溶岩の表面までは、約10メートルほどか、、、
怖くて堪らない、、、、
                                          (2007年12月01日)
| コメント:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。