気配と囁き ―秘密の薔薇―

個人的な関心事についての日録風覚書。隠されたもの、語り得ぬもの、覆われたもの、向こう側、境界線上のもの、この世ならぬもの、過剰なもの、偏奇なもの、只事でないこと、などについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

現代の巫女 ―ちあきなおみ―

先週の土曜に、NHKで「特集歌伝説 ちあきなおみの世界」という番組を見た。BSで先に放送されたものの再放送らしい。

かつて偶々、ちあきなおみが「矢切の渡し」を歌っているのを聴き、別の能天気な演歌歌手の歌でしか聴いたことがなかったこの曲が、まるで違うものに聞こえて驚いたことがあった。
この歌手が歌うと、うまいという以上に、眼前に情景が生き生きと浮かび上がってくるのである。

歌が抜群に上手くて、どんなジャンルでもこなせる、ということから言えば、美空ひばりもそうだが、しかし2人を比べると、なんというか、上手さの次元が違う、という感じがする。

ひばりは確かに上手いし天性の才能を持っていると思う。
しかし、ひばりが歌う時、そこに現れるのは歌が上手くて楽しそうな<ひばり>自身であって、歌そのものは背景に後退してしまう。
しかし、ちあきなおみが歌うと、そこに歌われている世界が<現前>する。

ちあきが芸能の世界に姿を見せなくなって大分経った頃、CMで「黄昏のビギン」が流れているのを聴いた。
どこかで聴いたような声だが思い出せない。
今の日本にこんな上手い歌手がいたのか、とその時は思ったのだが、それがちあきだった。

ピアノまたはピアニシモでの繊細な表現力は特筆に価する。

で、NHKの番組だが、「紅とんぼ」はやはり絶品だった。
しかし、まだ聴いたことがなかった曲で、、、、
「夜を急ぐ人」、これを聴いた時、戦慄が全身を駆け巡り、泡立つような恐怖さえ覚えた。

黒一色の漆黒の闇が、いきなりばかっと裂け、そこから名付けようもない<それ>が、おいでおいでと手招きするのだ。

何かが憑依し、ちあきはそこで別の何かに変容している、、、

かつて「紅白」に出場した時の映像だそうだが、こんなに怖い歌を聴いたのは初めてだった。

因みに、ちあきの全曲集の最後には「別れの一本杉」が収録されている。

やはり、この歌手の選曲眼(耳)は確かなものに思えた。

スポンサーサイト

テーマ:女性歌手 - ジャンル:音楽

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。