気配と囁き ―秘密の薔薇―

個人的な関心事についての日録風覚書。隠されたもの、語り得ぬもの、覆われたもの、向こう側、境界線上のもの、この世ならぬもの、過剰なもの、偏奇なもの、只事でないこと、などについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

都々逸みたいなもの

晴れた皐月の あの中空へ

 飛んで行きたや 身ひとつで
スポンサーサイト
詩・短歌 | コメント:0 |

こんな話 風狂の人

就眠儀式のように、就寝前のひととき、ずっと色々の幽霊譚や奇譚の類を読み散らかしていたが、その中の古本で買った怪談を集めた書籍に収載されていた、ある掌編が心に留まった。

-----------------------------
とある晩秋の昼下がり、名古屋の城下町にぼろ同然の墨衣を纏った僧形の男が、念仏のような文句を唄いながら踊っていた。

「まずたのむ、まずたのむ、しいのきもあり、なつこだち、おとは、あられか、ひのきがさ」

男の名は惟然。芭蕉なきあと、空しい心を抱きつつ諸国を彷徨いながら、念ずるは風羅念仏。
芭蕉の句を織り込みながら、最後に南無阿弥陀仏と締めくくる。

関町に生まれた惟然は、名古屋に養子に行ったのだが、ある日、庭前の梅の花が小鳥の羽ばたきした風に散ったのを見て、世を厭う心が起り、妻子を捨てて芭蕉の許へ走ったのだった。

と、その風羅念仏を唄い踊る惟然の袂に取り縋るものがあった。
泣きながら取り縋る若い豪家の内儀らしい女性は、惟然が卒然と出奔したあと、父親を探していた惟然の娘であった。

ともに涙を浮かべながら、とりすがる娘とそれを打ち払おうとする惟然。

「両袖に」
娘は眼を見はった。
「ただなんとなく」
娘は首をかしげた。
「時雨かな」

と同時に、袂にかけた娘の手を振り払い、惟然は驚く娘を残したまま馬のように走って逃げ去った。

時を隔てて、京の本屋の許へ娘が名古屋から訪ねてくる。
噂に、父が京にいると耳にして、遠路名古屋から訪ねてきたのだった。

本屋の主人が話を聞いて、とりあえず主人が惟然の居宅に行ってみて、在宅を確かめてから案内するという手筈になった。

訪ねていった本屋の主人に、娘にはどうしても会わない、と言いながら惟然が紙片を渡す。

そこには
「重たさの雪払えども払えども」とあった。

「それではお可哀そうではありませんか」
という本屋の主人の前から、身を躍らして庭に飛び降りるなり、惟然は裸足のまま遁走していった。

その後、いつしか娘は出家し惟然と同居していた。
米がなくなったと惟然に訴える娘。
庭の椎の葉を拾って筆を執る惟然。

門人の処へやる書面を書いている。
読書断片 | コメント:0 |

宵宮の夜に

稲荷の近くに越して来て以来、はや4回目の夏。

稲荷の本宮祭が7月の21日で、20日が宵宮だった。

これまで一度も行ったことがなかった。

今年はたまたま夜に外出することがあって、稲荷横の疏水端を通りかかった。

賑やかに何か歌っている音が近辺に鳴り響いている。
毎年何の音だろうといぶかしんでいたのが、いい機会だからと、家に携帯を取りに帰って、改めて参道へと向かった。

暗い表参道を上がって行くと、参道の右手の広場に小さな櫓を組んで、なぜか江州音頭を歌っていて、小さな踊りの輪が広がっていた。

宵宮の夜の闇奥から、赤い狐火のような提灯の列が異界へと誘(いざな)うかのよう、、、

130720稲荷宵宮祭01

130720稲荷宵宮祭04

130720稲荷宵宮祭06

130720稲荷宵宮祭08

130720稲荷宵宮祭09

130720稲荷宵宮祭10

130720稲荷宵宮祭11

130720稲荷宵宮祭13

裏参道の殷賑を極めるさんざめきの明るさに抗うかのように、祭りの夜の闇が深く淀む、、、

あやかしの夜。
妖かし | コメント:0 |

叫び、、、暗き穴から吹く風は

(2013年05月30日)

--------------------------------------------------------
昨日、四条の地下道を大丸から高島屋へ向かって歩いていると、、、

突然すぐ後ろから叫び声が聞こえ、、、

「うゎあああああ、◎×△xxxxxxx-------」

思わず振り返ると、仕事帰りらしい30くらいの女性が歩いている。

暗い顔をして、普通に歩いている。質素で貧しい雰囲気の服装。

表情を変えずに、何度も恐ろしい声を出して、叫び続けている。
自分が絶叫していることの自覚がないように見えた。

明瞭には聞き取れないのだが、どうやら男に捨てられて、そのことについて誰にということもなく、訴え、なじり、泣きながら叫んでいるようだった。

(私は何も悪いことをしていないのにぃーーー、なんであんたは私を捨てたんやぁーーー!)

と、わたしには聞こえた、、、

本当のところは分からない。何一つ明瞭に聞き取れる言葉はなかったから。
私は、自分の心の中を覗きこんで、架空の声を聞いたのかも知れない。
随想 | コメント:0 |

こんな、、、


今がいいから このままそっと

 浮世の風に吹かれたい


、、、こんな気持ちになれればいいでしょうな。
詩・短歌 | コメント:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。